安井器械株式会社 / 多検体細胞破砕機

安井器械株式会社

安井器械 / 多検体細胞破砕機
製品一覧
自社製品
取扱製品
トピックス
論文
技術情報の小部屋
会社概要
リンク集
人材募集
お問い合わせ
プライバシーポリシー


次世代秒速粉砕機!




大腸菌から骨、動植物組織、樹脂、岩石・鉱物まで秒速精密破砕・粉砕可能!

医薬品原体、工業用色素原体からシングルナノ粒子の作成をスピードアップ!

各種生物体からのDNA、RNA、活性タンパク質の抽出のスピードアップ!

乾式・湿式・凍結・低温(氷温0.0℃など)粉砕に対応!

多検体の分析用試料粉砕機としてAnalitical chemistry にも掲載!

ICP-MAS分析用試料調整に最適!

樹脂製ディスポ容器からタングステンカーバイド、アルミナなど各種材質の粉砕容器、粉砕媒体が選択可能。

詳細内容はContact usよりお問い合わせ願います。


各分野の試験研究用試料(動植物組織・微生物、粉体、樹脂、岩石鉱物等)破砕・粉砕機として古典的な破砕・粉砕方法(ハンマーによる打撃・乳鉢による粉砕、ボールミル等)が多く、市販の密閉されたディスポーサブルチューブや各種材質の密閉容器内で一度に多検体を同時に冷却/凍結/常温/破砕・粉砕できるものはありませんでした。

タッチパネルによる簡単操作!
各サンプルの破砕条件をメモリーに登録可能!
静音・卓上型・小型・電源AC100V
設置例(静音・卓上型、省スペース設計)
外形寸法:390W×490D×433H (mm)
仕様等は予告なく変更する場合があります。

本機はサンプルを市販のディスポーサブルチューブや各種材質の密閉容器に入れ(2mlチューブの場合80検体・10mlの場合12検体、96ディープウェルの場合2枚:192検体、50mlチューブ×6検体、100mlチューブ×4検体等)、(300mlチューブ等)立体8の字運動による打撃・剪断力を各サンプルに与え(PAT)、多検体を同時に常温・氷温・凍結状態等各種温度条件で破砕・粉砕することができます。密閉されたチューブ内で破砕・粉砕しますので、サンプル間のクロスコンタミネーションがありません。手にサンプルが触れることもなく、人体に有害なエアロゾルも発生する事もなく、安全に秒速で破砕・粉砕ができます。サンプルの種類によっては、抽出溶液を入れたままの破砕から遠心、回収工程までの時間短縮も可能です。

サンプルチューブは0.5~300ml(等)96ディープウェルまで対応可能ですが、分析用粉砕機には目的に対応した材質の容器も各種そろえております。 多検体精密粉砕機(PAT) としてAnalitical Chemistryにも掲載されました。液体窒素条件下(液体窒素使用量も200ml程度から使用可)でゴム、プラスチックなども10秒程度でパウダーになります。破砕・粉砕度、破砕・粉砕能力は破砕媒体の種類・振動数・粉砕時間等を変えることによりマイルドな破砕・混合・乳化から強力な破砕・粉砕まで自由に調節できます。
この破砕・粉砕機では、常温破砕の他、凍結粉砕(液体窒素使用による)も可能です。また、微生物等から活性のあるタンパクを取り出す時に破砕熱による失活を防ぐ為の冷却破砕用ホルダー(専用クーラント使用:0.0℃~10.0℃等の氷温に近い範囲で破砕温度の微調節が可能)もオプションでご用意しております。
上記以外の破砕温度制御範囲はお問い合わせ下さい。
尚、本装置は国内外の研究機関で多数採用され、2009年には国内公定法にも採用されその安全性と優れた性能(均一性、再現性)が国内及び海外に広く認められています 。

受賞関連

第23回:発明大賞(発明功労賞)受賞。
平成13年:度大阪府発明実施功労者賞受賞。
平成14年:第1回日本バイオベンチャー大賞(大阪科学機器協会賞)受賞。

ご不明な点は是非お問い合わせ下さい。尚詳細は[Topics]をご覧下さい。





 
Copyright (C) 2015 Yasui Kikai Corporation. All Rights Reserved.